便秘の解消法|嫌な残便感は改善できます|腸内環境を意識して生活しよう

嫌な残便感は改善できます|腸内環境を意識して生活しよう

女性

便秘の解消法

女の人

薬選びのポイント

便秘になってしまうと、お腹が張って違和感がありますし、ニキビなどの肌荒れを起こしてしまったり、お通じがないと体重増加にも繋がります。便秘には、腸のマッサージやヨーグルトや納豆などの発酵食品で、腸内環境を整えるなどの方法があります。しかし何をしても頑固な便秘で悩んでいる人には、便秘薬が有効的です。しかしドラッグストアなどに行って便秘薬を購入しようとしても、種類があり過ぎて何を選んだら良いのか分からないかもしれません。便秘薬を選びには、幾つかのポイントがあります。そのポイントとは、便を取り敢えずただ出す効果があるだけでなく、いかに快適に出すことができるか、その後薬を飲まなくても、自分の力で排出できるようなサポートがついているかです。

薬の種類とその効能

食生活や生活習慣が乱れて、便秘になっている人はとても多いです。仕事や学業などで忙しくて、なかなかリズムを整えられない人には、便秘薬は必須かもしれません。便秘薬には刺激性、非刺激性の2タイプがあります。ここで気をつけたいのは、刺激性は直接的に腸を刺激するので、便意と共にお腹に痛みを感じたり、薬がないと排便できない体質になってしまうかもしれません。反対に非刺激性の薬は、腸ではなく弁に働きかけます。非刺激性の便秘薬の良いところは、刺激性の薬のようにお腹が痛くなりにくいですし、服用を常習しにくいもいう事です。また穏やかな作用がある事も、薬選びのポイントです。急に効きすぎる薬だと、反対に下痢になってしまう事もあるので、注意が必要です。